菓子好き男子「カシダン」ライフブログ

身近なデジタル情報や、趣味などのすきなもの、日常を綴るブログ

試合終了まで何が起こるか分からない。スポーツに「絶対王者」という言葉はいらないと思う。

f:id:kashidan:20191030173630j:image

今回は趣味の話。

 

わたし自身もスポーツは小学生から大学生までやっていたので、

基本的にどんなスポーツにも興味が湧くようになっています。

 

最初に伝えますと結果がわかってしまうので、

知りたくない方はのちほどお読み下さい。

 

そして、今日はラグビーワールドカップの準決勝の

「イングランドvsニュージーランド」

を見ていて、思った。

 

やはり、勝負に絶対はない!

 

と。

今日の対戦カードは世界ランク1位対2位

一見どちらが勝ってもおかしくないですが、

世界ランクを決めるポイントを見ると、少々開きがあります。

 

しかし、結果は。。。

 

試合開始以降終始イングランドペースの、イングランドの勝利でした。

 

ニュージーランドの試合は決勝トーナメントの前から観ていましたが、

今日の試合はニュージーランドのペースではなかったかと思います。

 

これはニュージーランドのミスだとかの、ニュージーランドだけの問題ではなく、

対戦相手がイングランドだったからでしょう。

 

そして、世界ランク1位のニュージーランドが準決勝敗退しました。

f:id:kashidan:20191030174157j:image

やはり勝負の世界に絶対は無いのでしょう。

 

だからこそ面白い!

 

とりあえず書きたかったのは以上です。

 

 

ちなみに私は大学までハンドボールをやっていました。

 

全国大会とかは出たことはありませんでしたが、

その時の自分なりに頑張りました。

 

しかし、今になって考えると、もっと頑張れたのではないかと、

良く考えます。

 

だからかと思いますが、高校サッカー、甲子園、ワールドカップなど、

スポーツをやっている人たちの姿を見ると熱くなるのでしょうか。

 

昔の自分を思い出して。

 

ま、昔の自分が今の大人の自分を見たら、どう思うんでしょうか。

 

恥ずかしいと思われないように生きようと思う今日この頃でした。