菓子好き男子「カシダン」ライフブログ

身近なデジタル情報や、趣味などのすきなもの、日常を綴るブログ

勉強も研修も仕事も、アウトプットというインプット

人間は記憶する事が出来ます。

 

しかし、忘れる生き物でもあります。

 

『人間は20分で覚えた事の42%を忘れる「エビングハウスの忘却曲線」

 

私も学生時代がありましたし、受験勉強もしました。

その時にもこの定理はきた事がありましたが、

まさか働いてからもこの定理を考えるとは思いませんでした。

 

企業に入社した新入社員は少なからず「研修」を受けるかと思います。

 

入社したては研修を受ける事に必死になっているかと思いますが、

「受ける」だけでは、ほとんど身につきません。

実際に仕事を進める中で「受ける」だけはありません。

 

覚えるだけは学生の勉強でおしまいだと考えています。

 

勉強できる人間=仕事できる人間

 

これは決して成り立ちません。

それは相手がいるからと考えます。

 

相手、それは人間である事が多いです。

 

そうなると覚えた事と同じ事が、現実で起こることはありません。

 

臨機応変だとか、対応力だとかいう言葉の力が求められます。

 

この力こそ、仕事に不可欠な力だと思います。

 

 

とはいえ、土台になる基礎がないと、応用はできません。

 

そこで、社会人では学生と同じ様なやり方で、

物事を身につけようとしても効率が悪いです。

 

私も記憶する事が非常に苦手なので、悩みました。

 

どうすればいいのか。

 

「出力する」事でした。

 

いわゆる「アウトプット」です。

 

この事が纏められている書籍がありました。

 

「アウトプット大全」

 

これです。

 

記憶を定着する為には、インプットだけではなく、アウトプットが必要。

 

アウトプットの重要性が記載されています。

 

理論的、科学的に説明されているので、すんなり入ってきました。

 

勉強や、資格試験などでも応用出来るないようです。

 

いろんな場面で参考になるはずです。

 

ぜひ一度読んでみて下さい。

 

 

 

付加価値という商品よりも重要な商品とは

世の中には商品が同じでも提供する価格が違うものが多くあります。

 

同じ商品でも購入場所が違えば、価格が変わってきます。

 

例えば家電では、家電量販店とオンラインストアで販売していますが、

オンラインストアの方が価格が安いです。

 

その理由は販売員の人件費や、店舗の賃借料、店舗運営の諸経費などの差が大きいです。

 

しかし、私はそれ以外にも違いがあるように感じます。

 

家電が欲しくて家電量販店に行って商品を悩んでいると、必ずと言って良いほど声をかけて来てくれます。

 

そこで、今日は何を買いにきたのか、どういう悩みがあるのかなどを話すと、

店員はすかさずその悩みを解決するための提案をしはじめてくれます。

 

そして店頭に展示があれば、手にとって触れる事が出来て、

さらに説明を付け加えてくれます。

 

これはオンラインストアでは受ける事のできないサービスでしょう。

 

更に私の感覚だけかも知れませんが、他店やオンラインストアの事迄案内をしてくれて、自店の利益にならない事も話してきてくれます。

 

ここまでしてしまうと、商売にならないのではないか?と思ってしまいますが、

私も人間でした。

 

そこまで親身になってくれると、多少価格が高くてもその店、その店員から買いたくなります。

これは商品ではなく、家電量販店の付加価値ではないでしょうか。

 

実際に触って、店員の話も聞けて購入となると、満足感はオンラインで買うより大きくなります。

 

そしてまたその店舗を利用したくなっているのではないでしょうか。

 

同じ様なことが書かれている本がありました。

 

「100円のコーラを1000円で売る方法」

 

早速読んでみました。

 

私が考えていたことよりも奥が深く、それが商売になるとかなり難しそうです。

 

高価格にすることで、利益は大きくなりますがそれば売れなければ意味がありません。

しかし低価格にする事で、利益が小さくなり諸経費を下回れば赤字になってしまいます。

 

そして適正でなければ消費者が購入しない。

そうなると市場、周りの環境が重要になって来ます。

 

その時にふと思ったのがお祭でした。

お祭の屋台のかき氷の値段。

冷静に使っているものを考えると、なんて高いのでしょうか。

 

でもそれも付加価値でしょう。

 

屋台のおじさんはそれも考えて、商売をしているのでしょう。

 

色々考えるとどれを買えばいいのか迷ってきてしまいますが、

自分自身に一番付加価値が高いのは、

 

欲しいと思った物を買うことではないかと思いました。

 

もともとウィンドウショッピングが好きですが、

この事を知ってからさらに楽しくなりそうです。

 

 

 

 

コンセントが使えない時の救世主!おすすめモバイルバッテリー5選

9月9日の今日は首都圏が台風による大打撃を受けた日です。

朝から公共交通機関はダウン。

運転再開した交通機関も渋滞や、減速などでノロノロ運転です。

 

こんな時時間を潰すのにスマホ使いますよね?

 

しかしスマホもバッテリーという制限の中で使用しなければなりません。

 

そんなときの救世主はモバイルバッテリーです!

 

モバイルバッテリーがあれば、バッテリーを1回、2回と満充電にできます。

中には急速充電対応のものもあり、すぐに充分なバッテリーまで回復できるものもあります!

 

では、どんなものがあるか見てみましょう!

 

 

と、その前に選ぶポイントがいくつかあります。

 

モバイルバッテリーを選ぶポイント

サイズ(大きさ、重さ)
モバイルというくらいですから、基本的には常に持ち歩くことが大前提。

その為小さい、軽いに越したことはありません。

しかし、小さいものがいいかというと、後で出てきますが容量が関わってきます。

その為一概に小さくて軽いものがいいとは言えないのです。

 

容量


次に容量です。

単純に容量が大きければ、バッテリーを充電できる量が増えます。

・容量の目安は

5,000mAh…iPhone 8、iPhone7約1.5回
10,000mAh…iPhone XS約3回
15,000mAh…iPhone XS約4回
20,000mAh…iPhone XS約5回

スマホの充電であれば10000mAh以上を選ぶのがいいでしょう。

 

出力量

 

出力とはA(アンペア)です。

基本的には2A以上あれば大丈夫です。

出力量とはホースでいうとホースの太さのようなものです。

なので容量が大きくても、出力量が少なければ、せっかくの大容量もちまちま充電することになります。

複数のポートがあるものは特にこの出力量の合計に注意しましょう。

 

急速充電


急速充電とは、言葉の通り通常の充電よりも早く充電する機能です。

充電できる時間が限られていたりする場合は非常に便利です。

各メーカーで呼び方が違う急速充電の システムが存在しています。

・USB PD(Power Delivery)

・Quick Charge(QC)

・Super Charge

・VoltageBoost

など

急速充電は通常の速度よりも早い充電が

できますが、それ故に充電ケーブルにかかる負荷や、必要な電力量も通常よりも大きいです。

それも頭に入れて選びましょう。

 

おすすめモバイルバッテリー
 

Anker PowerCore II 20000

 

・容量:20000mAh
・重量:約369g
・サイズ:約170 x 62 x 22mm
・入力:5V = 2A, 9V = 2A (PowerIQ 2.0入力)
・出力:18W - 5V = 3A, 9V = 2A, 12V = 1.5A (PowerIQ 2.0出力)
12W - 5V = 2.4A (PowerIQ出力)
 
まず初めは言わずと知れた「Anker」製です。
容量は申し分はい20000mAh(iPhone XSを約5回以上、Galaxy S9を約5回)
急速充電もPowerIQ搭載しているので申し分ないでしょう。
出力ポートも2口あるので、スマホとワイヤレスイヤホンなど2つを同時に充電できます。
あと意外と便利なのが、残量をLEDでわかる点。ボタンを押すことで8段階で知らせてくれます。

 


hoco. モバイルバッテリー 10000mAh 2USBポート スマホ充電器 LEDライト付

 

・容量:10000mAh
・重量:約177g
・サイズ:約143 x 68 x 16mm
・入力:5V = 1.5A
・出力:5V = 1A, 5V = 2.1A
 
次は持ち歩きを優先とした軽量タイプです。
約177g、薄さ16mmと非常に携帯性に優れています。
急速充電はありませんが、そのほかの機能が充実しています。
容量が1%単位で表示されます。
LEDのライトでお知らせしてくれるものは多いですが、1%単位で分かると残量が明確で安心できます。
あとはLEDライトがついています。
停電時や災害時には非常に便利です。
そのほか夜の車の中などでも役立つことでしょう。

 

 

 

TSUNEO モバイルバッテリー 10000mAh ケーブル内蔵

 

・容量:10000mAh
・重量:約166g
・サイズ:約135 x 70 x 12.8mm
・入力:5V = 2A
・出力:5V = 1A, 5V = 2.4A
 

次は充電に不可欠なケーブル内蔵型です。

本体にLightningコネクタとMicroUSBを内蔵している為、殆どに機器をケーブルなしで充電できます。

内蔵ケーブルは通常の速度の充電なので、急速充電をする場合は別途ケーブルを準備して、USBポートを使えば大丈夫です。

そして全ての出力を使えば最大同時4台の充電が可能です。

また残量もLEDランプがあるので確認も可能です。

 

 

Anker PowerCore Fusion 5000

 

・容量:5000mAh
・重量:約189g
・サイズ:約72 x 70 x 31mm
・入力:5V = 2A
・出力:5V = 2.4A
 

次はコンセントと一体型のモバイルバッテリーです。

一体型とは、充電に必要なコンセントに繋いでいるだけで、内蔵されたバッテリーにも充電されていくモバイルバッテリーです。

1台で2役ということです。

複数のポートがあるコンセントとモバイルバッテリーを持ち歩いている人は、荷物が減ります。

一体型とケーブルのみでOKです。

しかし、モバイルバッテリーとしての容量はあまり大きくはないのがデメリットです。

あくまで、もしもの時のためなら十分ですね。

 

 

モバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電 10000mAh

 

・容量:10000mAh
・重量:約198g
・サイズ:約140 x 69 x 16mm
・入力:5V = 2A
・出力:5V = 2A
 

・ワイヤレス出力:1A

次はワイヤレスのモバイルバッテリーです。

充電する時にケーブルが入りません。

荷物も減りますが、何より見た目がスマートです。

8mmの範囲までなら充電可能です。

逆に言えばスマホリングや、厚みのあるケースを使用していると使えません。

容量も10000mAhと申し分なく、

充電可能もワイヤレスだけでなく、USBポートが2つあるため同時に3台の充電が可能です。

 

 

 

以上オススメのモバイルバッテリーでした。

普段持ち歩く荷物や、充電が必要になる機器を考慮して選ぶのが良いでしょう。

アフターサービスという目に見えない商品を売る。しかしそれが必要なハズ

先日実家がパソコンを買い換えるということで、

息子と実家に遊びに行くついでに家電量販店へついて行きました。

 

パソコンは無事購入できました。

 

問題はその後。

 

息子のおもちゃ売り場に母親と嫁と一緒にいると父親から連絡が来ました。

 

要件はというと、パソコンの初期設定ができるかどうかでした。

 

要はお店の人に購入後のサービスを勧められたのだそうです。

 

確かに60歳を過ぎている人には勧めるか。

と思いました。

 

とは言え内容も、金額もわからないので向かいました。

 

話を聞くと、開梱から設置、立ち上げ、Officeの設定、ネットワークの接続、使い方の説明などなど。

 

私には基本的ですが、年配の方にはありがたいですね。

 

と思いましたが、金額を見て驚愕。。。

 

店によって差はあると思います。

 

が、

 

18000円!?

 

ゼロガヒトツオオイノデハ?

 

出張費、人件費等を考えても多過ぎではないか??

 

内容の説明を聞くと、待ち時間を除けば30分あれば完了する内容でした。

 

結果、私が実家でやりました。

 

 

でも、考えてみました。

 

家電量販店でよく見られる光景。

 

値引き交渉。

 

確かにやらない方もいますが、やる方はネットの価格を比較対象にしてまでやってます。

 

ネットは人件費も店舗の運営費もなく、保管にかかる費用のみ。

 

そりゃ価格が違います。

 

それを原価すれすれまで値引き交渉されたら、

店舗の利益は厳しいですね。

 

それを考えたら、確かにアフターサービスで利益を確保するのは商売としてはありか。

 

と思うようになりました。

 

町の電気屋さんも似たようなもの。

 

販売価格は家電量販店にはかないませんが、

アフターサービスは手厚いですよね。

 

何で勝負するか、それぞれの強みを生かして商売する時代。

 

価値を提供できたものが生き残れる時代なんですね。

賛否両論だけどやはり機能性!ビジネスリュックおすすめ4選

最近はよく電車や町中で見かけるビジネスマンのリュック姿。

年々その姿が多くなってきているように見えます。

 

しかし、そのビジネスマンにリュックですが、賛否両論。

 

ビジネスマンらしくない。

スーツにシワがつく。

先方に失礼だ。

 

とか、反対派の意見は多数ありますが、

でも一度使用してみると、なんといっても便利。

荷物の重さが片手ではなく、両肩に分散されるので、軽い軽い。

そして、両手が空く。

何か別の荷物がある時や、電車の中で吊り輪を捕まるなど、

非常に便利です。

 

ま、ビジネスにおいては、リュックに限らず、

TPOに合わせて使うことが重要なんでしょう。

 

そして、私もリュックを使い続けて2年。

今使っているリュックは半年くらい悩みに悩んで、購入しました。

 

そこでこれからリュックを購入する方に、私が悩んだリュックたちをポイントともに紹介します。

ACE ジョガベル 3WAYバッグ バックパックタイプ 22リットル B4サイズ

 

これは私が悩みに悩み、選んだリュックです。

 

ポイントは、

シンプル

スーツに合わせるには、色やデザインは重要です。

そして柄も入ってしまうと、チェックやストライプのスーツにはあわせにくいし、夏場はシャツで使うため、より色や柄が重要になります。

そこでやはりシンプルが重要です。

 

13インチパソコン、10インチタブレット用ポケット

仕事のためにノートパソコンを持ち歩くビジネスマンが増えていると思います。

ノートパソコンではなくてもタブレットの方も。

そうなると、専用の収納ポケットが必要になります。

専用の収納ポケットがあることで、持ち歩いている間も傾いたり、何かの下敷きになることもありません。意外と使うと便利です。

 

ポケットの多さ(スマホ、ペンなどの小物ポケットも)

私もそうですがリュックを使う方は、ポーチや、バッグインバッグなど小物入れを一緒に使う方も多いかと思います。

そうすることで細かい荷物が散乱せず、すぐに取り出せます。

しかし、このリュックポケットが多く便利なんですがさらに便利なのが、スマホとペンの専用ポケットがあるんです。

この二つどちらもすぐに取り出せると非常に便利。

使い始めるとそのありがたみがわかります。

 

いざと言う時の3WAY

リュックだけでなす、ショルダーにも、手提げにもなるといういざというときの3WAY。

私自身もなかなか使いませんが、いざというときTPO似合わせて使えます。

 

22リットル容量

意外と重要な容量。

このシリーズには22リットルと28リットルがあります。

はじめは大は小を兼ねるで、28リットルにしておけば便利だろうと思っていましたが、

私は22リットルで正解。

入れるものを考えて選ぶのもそうですが、むやみに大きくすると、最大まで入れたとき重い。

そして、逆の荷物が少ないときにリュックの形が崩れダサいんです。

6リットルの差は大きいので何を入れるか考えて容量は選びましょう。

背面のメッシュ素材×クッション性

リュックにすると両手が解放、重さを感じにくいとメリットが多いですが、

実は暑いんです。

特に夏場。背中とリュックの接地面が大きいため汗をかきやすい。

そこでこのメッシュ素材。通気性をよくしてくれるので蒸れなく使えます。

あとクッション性も荷物を入れ重くなったときに発揮。

あるとないとでは背負い心地が全然違いました。

 

細かいポイントはもっとありますが、いろいろ悩んだ末に選んだポイントです。

よければ参考にしてください。

 

そして次からは候補に上がったリュックたちです。

 

THE NORTHFACE リュック シャトルデイパック

これはよく電車とかで見かけるかも知れません。

言わずと知れた会うウトドアブランドのTHE NORTH FACEからビジネスユーズ、タウンユーズもできるリュックです。

 

形は私が愛用していいるモノと近いです。

悩んだポイントともに紹介していきましょう。

 

シンプル

これも非常にシンプルです。

スーツに合わせるときも、スーツの柄や色を選びません。

 

15インチまで収納できるパソコン用ポケット

やはりこれもあります。パソコン用ポケット。

15インチまでのパソコンを入れることができます。

パソコンと同じくタブレットも入れることができます。

 

10個もの多機能ポケット

縦長のリュックにはこれも欠かせません。

しかし、10個とはかなり多いですね。その分使用用途に分けて収納できます。

 

リュックの外側にサイドポケット

これ、かなり便利です。

折り畳み傘の収納などに使えます。

折り畳み傘って、電車に乗る時はしまいますが、降りたらすぐに使うので、

リュックの奥に入ると困るし、取り出しやすいところでもチャックの中だとめんどくさいし。。。

そんな時にサイドポケット。これ、かなり便利です。

 

2種類の容量

このシャトルデイパック、実は収納容量ちがいで2種類あるんです。

通常のは22L、スリムタイプが18L。

これもやはり何を収納するかによって選びましょう。

 

以上がTHE NORTH FACE シャトルデイパックの紹介となります。

機能的には申し分なし。

私が選ばなかった理由は外側に付いているロゴでした。

嫌いではないけど、ロゴがないものがいいと決めていましたので。

しかし、このロゴは質感は違うもののリュックの生地の色と同じなため、目立ちません。

気にならない方は是非検討をしてみてください。

 
次は、

PORTER ステージ 2WAYリュックサック

こちらも悩みました。

ポイントを説明します。

丈夫

やはりポーター、吉田かばんさん!

丈夫です。他の鞄もそうですが、丈夫な事が売りです。

 

自立式

リュックって実は自立するものが少ないんです。

しかし、仕事をしていると色々な場所に行きます。

そしてリュックを置くことも多くあります。

その時に倒れてしますと、スペースをとってしまったり、他の方の荷物に持たれてしまったりと困る事ばかりです。

そんな時に自立式は非常に便利です。

 

開口部の角度

これが意外と使っていると、便利かどうか分かれるんです。

開口部分が大きいことでリュックの弱点の奥の荷物が取りやすくなります。

 

大きな持ち手

見たときに印象的でもある大きな持ち手。

リュックですがずっと背負っている事はなく、短い距離の移動や、

出先で訪問した時など、手で持つときもあります。

そんな時は大きい手持ちが持ちやすく、安定感もあり非常に助かります。

 

このリュックも捨てがたかったです。

丈夫であれば愛着が湧いて長い間使えますね。

INCASE シティコレクションバック

シンプル

非常にシンプル。

見たまんまですが、非常にシンプルです。

シンプルなだけでなく、スマートな感じをうけますよね。

ビジネスだけでなく、タウンユースにも全く違和感がなさそうですね。

 

前面にあるポケット

メインポケットはもちろんPCが入りますが、

前面にあるポケットは起毛素材を使っているため、

スマホなど、液晶があるものを入れるのに最適です。

 

ショルダーストラップ

少し見えづらいですが、ショルダーストラップの形が通常のリュックと違うんです。

上部にがつながっています。

その事でリュックと背中のフィット感が上がり、堅田の負担が軽減するさればす

 

 PCポケット

ビジネスリュックは大体PCポケットが有ります。

そしてそのPCポケットは前後左右にクッションがついています。

このリュックは前後左右に加えて、下にもついている為、

さらにPCが安全に守られるのです。

 
以上となります。
 
是非参考にして下さい。

 

 

持ち運ぶモバイルパソコンを手に入れた代償とは。

ビジネスでパソコンは必須となっているこの時代。

 

どの企業もビジネスにパソコンを用いていて、

どれだけ有効に活用するかでノー残業や、コスト削減につなげられるかが肝となっていると思います。

 

今やパソコンがあれば、自宅、カフェ、新幹線などありとあらゆる場所で仕事ができます。

しかし、中にモノづくりをするパソコンがあってもできない仕事もあります。

 

私自身もその仕事に携わっています。

モノづくりは場所、時間、技術が限られてしまします。だからこそ面白い。

この話は今回は置いておくことにしましょう。

 

私の仕事も、モノづくり以外はどこでも仕事ができると考えています。

メールやチャットの機能が与えられていて、

離れている場所のテレビ会議が導入されました。

 

そして、1人一台与えられているパソコンが、モバイルノートパソコンとなり持ち出しも可能となりました。

・・・だいぶ時代遅れですが。

 

やっと、場所に縛られずに仕事ができるようになりました。

しかしまだ、オフィス勤務はありますが。。。

 

しかし、そこで問題が。

パソコンの画面が小さいのです!

 

モバイルノートなので仕方ないですが、仕事上officeを使って書類を作ることがありますが、

小さくて作業効率が上がりません。

 

そこで、まず事務所に導入してもらいました!

 

モニターを!

普通に考えたらそうしろよと思う方がほとんどかと思いますが、

時代遅れは気付きません。

 

導入したら快適な事!

素晴らしい!

今や私以外の人間も導入しています。

 

しかし、自宅で使用するときはまだ画面が小さい。

モニターを買っても使わない時は邪魔になるだけだし。。。

 

!!!

 

テレビがある!

どうにかテレビの画面に映し出せないかと調べると、

ありました!

 

外部出力ケーブルです。

これでパソコンとテレビを繋げば、大画面でパソコンを見れます。

購入して、いざ試し。。。

 

快適!

 

ん?これをプライベートのパソコンでもできるのでは?

 

できました!

 

仕事用はWindows、プライベートはMacBook。

同じケーブルでできました!

 

仕事の効率を上げようと考え始めたことで、

プライベートも非常に使いやすくなりました。

 

是非皆さんも試してみてください。

ステータスか、機能性か、それとも財産か。腕時計の役割とは。

ロレックス、オメガ、フランクミュラー。

 

言わずと知れた高級時計ブランドですね。

このブランドの腕時計を身につける理由は何でしょう。

 

時間を知るためではないことは確か。

ステータスやファッションでしょう。

 

憧れますよね。

 

しかし、手が届く人は少ないのが現実。

身に付けるだけで収入や財産の象徴ともなるくらいですので。

 

時間を知るためにはほかのブランドの腕時計で十分でしょう。

国産のブランドも非常によいのがあります。

 

私も1年前に腕時計を購入しました。

 

しかし、高級ブランドでもなく、国産ブランドでもなく、スマートウォッチ。

 

腕時計を購入するときには悩みました。

 

ブランドや価格、年相応のものを選ばないと。

などと考えてましたが、機能性を考えたときにスマートウォッチの選択肢が出てきました。

 

腕時計は時間を知ることが最低限。

スマートウォッチはそれに加え、着信、予定、リマインダー、オーディオのコントロールなどなど。

様々な機能が付随します。

 

私はスマートウォッチという選択肢一択になりました。

購入したのはこれです。

 
スマートウォッチは逃げだと言う人もいますが、
今の時代、自分の好きなもの、自分の目的に合ったものを自由にえらべるので、
つけたいものをつける。
それでいいと思います。